×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

優駿プラセンタは、こうして生まれた!

プラセンタは効くのか?

優駿プラセンタ(ワールドコーポレーション株式会社)の社長が初めて、プラセンタという言葉を初めて耳にしての、第一声がこれでした。
社長はプラセンタにとても興味を持ち、自分の奥さんや知人の女性達に他社の色々な市販品を買い与え効果を確かめたそうです。

その結果、含有量の少ないものは「う〜ん、何かあんまり変わらないかも・・・」という回答が多かった反面、 含有量の多いものは皆がその効果を口にしている上、とても喜ばれたそうです。

そんなに喜ばれるなら「うちでもそういう商品をつくれないのか?」ということがキッカケとなり商品を開発することになりました。

この続きは、公式ホームページでご確認ください!↓

優駿プラセンタは、何故安い?

優駿プラセンタが他社と比べて何故安いか?
それは、ビジネスモデルの違いといえます。

図のように他社は利益・広告費の比重が多いですが優駿プラセンタは、商品原価の比重が多いことがわかります。

優駿プラセンタは、とにかく長期間続けていただけるような価格設定にこだわりました。
そのため、他社の類似品に比べ、個あたりの利益が極めて少ない商品とも言えますが、その分、お客様に利用感と好印象を実感していただき、たくさんの方に長くお付き合いいただくことで、ようやく採算化してゆく商品であると位置付けてのスタートしました。 。

優駿プラセンタのネーミングの由来

「優駿」、優れた馬にのみ与えられる称号

北海道の日高地区は昔から数々の競走馬が育てられている、言わば、サラブレットの聖地。豊富な自然資源と広大な土地で、厳格な飼育管理のもと今でもサラブレット達は育てられ 年に一度の春、サラブレット達は親馬一頭から子馬一頭のみを出産します。

優駿プラセンタは、この北海道で育ったサラブレット達の貴重な生命の資源であるプラセンタ(胎盤)のみを原料として100%の純度を保ったまま原末化しております。

「優駿」・・・、優れた馬にのみ与えられる称号で、その限られた生命の資源をいただく、まさにその名にふさわしいネーミングとして商標登録されたそうです。

優駿プラセンタの誕生について―何故、馬なのに、国産なのに、価格が安いのか?馬の胎盤から抽出される馬プラセンタは、豚プラセンタに比べ、アミノ酸の含有量が多く、豚プラセンタにはない6種類のアミノ酸が含まれています。 豚の妊娠期間は約110日間強、一度に10頭程度を出産します。普通は1年に20頭〜30頭の子を産むため、プラセンタも安価に使用できるのがメリットで、馬は約330日の妊娠期間に加え、一度に1頭の出産しかしないためプラセンタも希少性ゆえに高価なものが多いです。

株用語の解説